通勤・通学におすすめのスマホゲームは何か

通勤・通学の間の時間も有効に使ってスキルを上げたい方へ

>

えいぽんたんの中では

まずは自分のレベルからスタート

15問のレベルチェックが終わると、自分のレベルが画面に表示されて、そこから次のレベルに向かってスタートする形になります。
この時、自分は学校の生徒になるのではなく、先生として学校に赴任する形になり、それぞれの学年の生徒を担任して育て上げて最終的には卒業させるのが使命になります。
自分が生徒になるより、先生になる方がより客観的な視点でゲームに参加できるという点で興味深いと思いませんか?
担任する生徒は常に6人ほどおり、(これはゲームが勝手に設定したキャラクターと名前で画面に表示されますので、自分でキャラクターや名前を変更したりすることはできません)
1人卒業させるとポイントが貰えて、そのポイントで自分の欲しいアイテムを購入することができます。

生徒が複数いることで、違う単語を学べる

まず、ゲームを行うにあたって生徒の中から誰か一人をピックアップして、その生徒を育てていきます。(ゲーム内では問題をクリアするとポイントが貯まり、ポイントでゲットしたお菓子なども与えつつ進級していくシステム)
例えば、学校の中なので、生徒が学ぶ教室や休憩をする中庭など色々な場所の設定を選ぶことができます。
「ひなたぼっこ日和」とか「駆け抜ける廊下」など、単純ではなく生徒の過ごす日常の姿が思い浮かぶような具体的な面白いタイトルがついています。
もちろん、その中をクリックすると英単語の問題に切り替わるのですが・・・・。
ただ、生徒が複数いるので、1人の生徒でプレイするのが飽きた場合は別の学年の生徒に変更して違う内容の問題にチャレンジすることもできます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る